超弩級戦艦「武蔵」はどうして誕生したのか

 2015年3月2日、マイクロソフト共同創業者で資産家のポール・アレン氏がフィリピン・シブヤン海の海底約1000mで発見したというニュースが報じられ、俄然注目を集める戦艦武蔵。史上最大の戦艦「大和」型の2番艦として建造され、米空母艦載機の攻撃を受けて撃沈した武蔵の誕生秘話からその最後まで。

◆reporter◆ 
前田 利夫
Toshio Maeda
長崎市出身
横浜市在住

 1918 年(大正7 年)、第一次世界大戦も終わり戦勝国となった連合軍側は海軍(特に戦艦)の増強を進めた。 しかし軍備拡張に伴う経済負担は各国の予算を圧迫し、この為戦勝5ヶ国の軍縮を行う事になる。 主艦(戦艦)の保有比率をまず決めた(ワシントン海軍軍縮条約は1936 年(昭和11 年)12 月31 日迄有効)英国=5、米国=5、日本=3、仏国=1.75、伊国=1.75 の割当てとなったが、日本は英米両国の7 割を主張したが受け入れられなかった…

続きを読む

 海軍は出入口1つしかない部屋を造らせ、設計図を集め保管させていた。 コンクリートつくり造りの部屋の半分は設計場で、半分は更に厚い金網を張った図庫で使用される設計図は1枚1枚厳しく点検され図庫から出し入れされる。 出入り口の外には守警がいて部屋の者がトイレに行く折も、必ず服装検査され帳簿に署名捺印して出入りさせられた。 勿論、関係者以外の者はその部屋に近づく事は厳禁されていた…

続きを読む

 「武蔵」は艦尾を先にして第2 船台からすべり下り進水したが、船体の長さは263m, 平均速度15 ノット(28km)で海面を一直線に進む筈だった。 そのまま進めば1分30 秒後には対岸に激突したであろう(対岸迄は680m しかない)そうした事故を避ける為に、船体の両舷に重い鎖をつけ船体の動きを押さえたのだが3 万6 千屯の重量を持つ船体だけに、その鎖の重さも両舷合わせて570 屯にも達したと言う。…

続きを読む

 そして「武蔵」が木更津に到着する2 日前に、副長から「本艦には山本長官のご遺骨が乗っている」と初めて発表されたという。 5 月21 日に戦死の事実が公表され、6月5 日戦前で唯一, 民間人の国葬が取り行なわれた。 1944 年(昭和19 年)9 月27日パラオ環礁出港時の一挿話は「武蔵」の船体があまりにも大きかった事に原因の全てがある。 その出港日は昭和19 年3 月27 日で、突然米国大機動部隊の接近の報によって「武蔵」は急いで環礁外に退避する事になった。…

続きを読む

   乗組員は後部甲板に集合した。半壊したマストから軍艦旗が降下され間もなく「武蔵」は急激に傾斜を増した為、総員退却命令が発せられ乗組員は脱出を始める。 随伴していた「浜風」「清霜」に1,376 名が救出され、戦死者は猪口艦長以下1,023 名に達した。 沈没の原因も諸説あるが、ここでは雷爆弾を受け命中魚雷20 発、命中爆弾17 個、至近爆弾20 個以上とした。…

続きを読む